人権補完の続発をめざしてアクティビティーを続けている

国連について学業しました。国連は、トラブルの防御と勝利、持続可能な開発、人権裏付けの多発をめざして機能を続けています。たとえば、国連練習科学因習役所(UNESCO)、インターナショナル商い役所(ILO)、素地保険役所(WHO)、国連難民高等弁務官会社(UNHCR)などは、世界の高低、部族や人前ユニットの格差をこえたインターナショナル助けをおこなっているそうです。これらの役所と協力して、国連NGO折衝原理の下で多くのNGO(非政府会社)が活発な機能をしています。しかし、国連には軍備のカット、核兵器の廃絶、テロ目論み、発展途上国への援助、人口難点への行いなど、早急に解決しなければならない案件があります。その一方で、国連内側にも多くの問題があるそうです。第ゼロに、割り振り対価の滞納による深刻なファイナンスリスク、第二に無事故裏付け理事会の理事国の組織のあり方、第三にインターナショナル法に悪行した国家が強国です状態、国連は力を発揮できないことなどがあげられます。誠に勉強になりました。http://xn--eckr4nmbzet23wol1b.xyz/