自由気ままにリフレッシュ!ひとり旅のすすめ

仕事仕事の毎日…充実はしているけれど、疲れてしまう。現実から遠ざかりたい。そんな気持ちになったら、一度、ひとり旅をしてみることをおすすめします!
もちろん、休日はまったりおうちで過ごすという方もいると思います。私も以前はそうでした。それも大事な癒しの時間ですよね。
しかし、いつも同じ場所にいるとリフレッシュできない…なんてこともあるわけです。ひとり旅といっても、遠出をしましょう!というわけではありません。もちろん、遠出をするのも素敵です。ですが、連休のないお仕事をされている方も少なくないと思います。それを考えると、遠出は少し行きづらいですよね。
例えば、地元近郊の市町村へ行ってみる。そこで美味しい名産の物を食べる。お土産を買う。風景を楽しむ。写真を撮る。これくらいだったら、一日の休みでもできそうですよね。車があると一番楽ですが、レンタカーも今は安く借りられるますし、交通機関での旅も楽しいですよ!移動時間はいつも向き合う暇がない自分がと向き合えたりもします。デジタルデトックスにも効果的かもしれませんね。
ひとりで行く。そうすることで自由気ままで気を使わなくていい自分がだけの旅になります。もちろん、友達や家族と行く旅も楽しいですが、時には自分だけの旅をしてみるのも良いのでは?プロミス無人契約機

下手なこちらは、今日も正規を掴む(しかない)

前は「作者なんてチャラい」と思っていたけど、今は違う。はなしが繋がるけれど、ドストエフスキーだったか、きっぱり覚えていないけど、とあるアーティストの作を読んでいないアーティストのほうが要ることに驚いた。嫌みとかじゃなくて、著しいことだと思う。ギターやピアノを弾かないで作曲したユーザーみたいだ。中野信子くんの「探究不要論」がとっても読みたい。なんだか現在異常に誌が読みたくて貧弱。昔から、誌を発表できたユーザーや、作曲家族とか、ものすごく夢見るっていうか、尊敬して仕舞う。以前は作者なんてと思ってた。でも、従前、アイドルみたいなユーザーが文章を書くのかラジオで言うのか忘れたけど、授業の勉強で習ったことを洒落にしようとして大人のユーザーに叱られていたのを思い起こしたら、オリジナルの文章を書くのって合致苦しいことなのだなって、今は思ってる。いえ、昔から思ってるけれど、最近は一際きつく思うようになった。下手なこちらは、読みめくるしかないのかと思ってる。キレイモ 学割