下手なこちらは、今日も正規を掴む(しかない)

前は「作者なんてチャラい」と思っていたけど、今は違う。はなしが繋がるけれど、ドストエフスキーだったか、きっぱり覚えていないけど、とあるアーティストの作を読んでいないアーティストのほうが要ることに驚いた。嫌みとかじゃなくて、著しいことだと思う。ギターやピアノを弾かないで作曲したユーザーみたいだ。中野信子くんの「探究不要論」がとっても読みたい。なんだか現在異常に誌が読みたくて貧弱。昔から、誌を発表できたユーザーや、作曲家族とか、ものすごく夢見るっていうか、尊敬して仕舞う。以前は作者なんてと思ってた。でも、従前、アイドルみたいなユーザーが文章を書くのかラジオで言うのか忘れたけど、授業の勉強で習ったことを洒落にしようとして大人のユーザーに叱られていたのを思い起こしたら、オリジナルの文章を書くのって合致苦しいことなのだなって、今は思ってる。いえ、昔から思ってるけれど、最近は一際きつく思うようになった。下手なこちらは、読みめくるしかないのかと思ってる。キレイモ 学割