ガスの捕集法などについて勉強していました

瓦斯の属性などについて、教育をしました。アンモニアは、色つやは無色だ。においは外圧臭(鼻を付くようなにおい)だ。各瓦斯の水溶液にリトマスペーパーをひたしたときの変化は、赤色から青色(アルカリ性)になります。属性は、ネスラー試薬を褐色に決める。水溶液はアンモニア水だ。1立方センチメートルの水に蕩けるキャパは、702(非常にしばしば蕩ける)だ。密度は、0.771だ。捕集法はトップクラス置換法だ。偶発法は塩化アンモニウムと水酸化カルシウムの組合せ物を加熱します。アンモニア水を加熱します。次は、瓦斯の捕集法についてだ。まずは水上置換法だ。集まる瓦斯の属性は水に溶け難いが、または僅かしか溶けません。集まる瓦斯は酸素、水素、窒素、二酸化炭素などだ。集めた瓦斯の件数がひとめで知り、毒が入り交じり辛いという長所があります。このようなことを教育しましたが、久しぶりに聞いた謳い文句もあったので懐かしかっただ。子どもの視力がぐんぐん良くなるトレーニング